利子安い 簡単に借りられるキャッシング・カードローン

利子が安くて簡単に借りられる即日融資キャッシング・カードローンは?

キャッシングを利用するときに重要なのは、利子が安いかどうかというところ。特に長期間借りるのであれば、少しでも利子が安い方がいいですよね。
銀行のキャッシングやカードローンは利子を安く借りることができますが、簡単に借りられないのが難点。
そこで、当サイトでは利子が安くて簡単に借りられる消費者金融のキャッシング・カードローンを厳選してご紹介します!

 

即日融資のキャッシング 利子は安いの?


即日融資は銀行と消費者金融で行っており、申し込んだその日のうちにお金を借りることができて便利です。
銀行と消費者金融ではそれぞれ即日融資の特徴が違います。

銀行の即日融資キャッシング

・利子が安い
・審査が厳しい
・高額融資も可能

消費者金融の即日融資キャッシング

・簡単に借りられる
・利子は高いが無利息キャンペーンがある
・ほとんどが土日祝夜間でも即日融資可能

 

利子の安さは銀行にはかないませんが、消費者金融のキャッシングには無利息キャンペーンがあります。

銀行の即日融資は高額融資にも対応してくれますが、消費者金融は小口の融資がメインなので、生活の中で困った時やピンチの時に非常に役立つキャッシングです。
※無利息キャンペーンは、「はじめての方」のみ対象です。
※無利息期間は「最大30日間」となります。

 

キャッシング おすすめランキング!

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く) パート、アルバイトでも融資が可能!

 

24時間、インターネットでの申し込みが可能で、3秒あれば融資が可能か診断することができます!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣でも申し込み可能なので助かります。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

 

 

 

これ以上ないほど利子が安い!「無利息キャンペーン」

消費者金融最大のメリットといってもいい、「無利息キャンペーン」
これは、ある一定の期間の間に返済をすれば利子がかからないというキャンペーン。
色々なパターンがありますが、ほとんどの場合は初めて契約する人限定で、30日間というのが多いですね。

 

例えば20万円の限度額を設定されて契約した場合、一定の期間(仮に30日間とします)の間に20万円借りて、30日以内に20万円返済した場合、利子はつかずに20万円のみの返済でOK。通常は20万円借りたら返済する時は20万円+利子を合わせて返済するのですが、無利息キャンペーンは親や友達に借りるのと同じように、20万円返済するだけでOKなんです。
・20万円借りて、30日間の間に20万円返済したら利子が0円!
・1万円借りて1万円返済、今度は5万円借りて5万円返済→これが30日間の間なら、何度借りても利子は0円!
このように、定められた期間以内なら何度借りても利子は0円なんです。これほど利子が安くお金を借りられることはありませんよね!

 

利子が0円にならない!?無利息キャンペーンの期間に注意!

無利息キャンペーンには、先ほど「一定の期間」というのがあるというお話をしました。
期間は概ね30日間なんですが、それぞれの消費者金融によっては利子がかからなくなる期間のスタート日が違います。

 

無利息期間

スタート日

回数

プロミス

30日間

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

初回借入日の翌日

初回のみ

アコム

30日間

契約日の翌日から

初回のみ

ノーローン

7日間

借入日の翌日から

何度でも

レイク

30日間

契約日の翌日から

初回のみ

表にある、「スタート日」というところに注意してください。
このスタート日によって、利子がかからない期間が微妙に変わってきます。

初回借入日の翌日タイプ

契約後初めてのキャッシングの日から30日間。1年後に初めて借りても、そこから30日間利子がかかりません。

契約日の翌日から

契約した日の次の日から30日間。31日目に初めてキャッシングした場合、通常の利子がかかります。

 

即日融資を希望している方は、すぐにお金を借りるという前提なのでそう間違えることはないかもしれませんが、契約日の翌日から30日間のタイプの場合はすぐに借りないと無利息期間が短くなってしまいます。
契約して10日後にキャッシングをした場合、残り20日間が利子がかからない期間ということですね。

 

一方、初回借入れ日の翌日タイプの場合は、契約して10日後にキャッシングをしてもそこから30日間は利子がかかりません。
いつから借りても、初めてキャッシングをした日から30日間が保証されているのですぐに借りる予定がない方にはオススメです。

 

とはいえ、即日融資でキャッシングやカードローンを契約している方はすぐにお金が必要だと思いますので、できるだけ早めにキャッシングをして早めに返済、そうすれば利子がかからずキャッシングができるのでとってもお得です!

ノーローンは何度でも無利息キャンペーンが利用できる!

ノーローンだけが、他とは少し違っていて初回契約だけでなく何度利用しても7日間だけ利息がかかりません。
要するに、7日以内に返済すれば利子がかからない、ということです。
給料日まであと数日、でも本当に急にお金が必要になった!
そういう人はノーローンが最も利子が安くお金を借りることができますね。
ただし、7日以内に完済した場合のみの無利息なので気をつけてください。
5万円借りて7日以内に3万円返した場合、残り2万円には通常通りの利子がかかるので気をつけてくださいね。

 

※無利息キャンペーンは、「はじめての方」のみ対象です。
※無利息期間は「最大30日間」となります。

 

消費者金融のキャッシングはこんな人に向いている

消費者金融のキャッシングは、このような人にピッタリです。

  • すぐにお金が必要。本当に急いでいる
  • 10万円以下ですぐにお金が必要。アルバイトなので簡単に借りたい
  • すぐに返せるけど、今お金がどうしても必要。数日間だけ用立てたい
  • 親や友人に迷惑をかけずにお金を借りたい
  • キャッシングをしたことがないので、試してみたい

本当に急いでいる人は、利子よりもスピードを重視している人が多いはず。
銀行は利子が安いですが、消費者金融の方が審査に通る確率が高いです。
急ぎであれば、はじめから消費者金融でキャッシングをしたほうが確実です。

 

また、すぐに返済できるけど給料日までの数日間にどうしてもお金が必要・・・こういうことって結構ありますよね。
無利息キャンペーンを利用すれば、給料日までの数日間は利子がなくお金を借りることができます。
銀行の利子は安いですが、0円ではないのですぐに返済できる予定がある人は消費者金融の方が利子が安く借りられますよ。

 

そして、特にオススメなのはお金を借りたいけどキャッシングをしたことがない、初めてのキャッシング、という人。
そもそも消費者金融の無利息キャンペーンは、初めての人がキャッシングがどんなものか、どれほど便利かというのを体験して貰うためにピッタリのキャンペーンなんです。
お金を借りて、期間内に返済する。
その流れを試してみて、しかも利息は0円。
初めてキャッシングやカードローンを利用する方は、ぜひオススメしたいです。

 

即日融資でキャッシングするまでの流れ

即日融資のキャッシングやカードローンは契約からお金を借りるまでが本当に簡単でスピーディです。

  1. インターネットから申し込む
  2. 仮審査
  3. 必要書類(本人確認書類)を送付
  4. 本審査
  5. 契約・カード受け取り
  6. キャッシング

この一連の流れが概ね1時間程度で終了します。
審査は仮審査と本審査があり、最初にインターネットから申し込むと仮審査の回答が返ってきますので、それを通過したら本人確認書類を提出して本審査に移ります。
一番時間がかかるのがこの本審査ですが、それでも30分程度
人によって時間差はありますが、契約できる人のほとんどは30分程度で終わるでしょう。
その後、契約書類とカードを受け取り、カードでお金を下ろせばキャッシング完了。
契約して約1時間〜1時間半でお金を借りることができます。

 

即日融資は、その日に借りたい人の強い味方。
どうしてもお金が必要でピンチの時は、色々な方法でキャッシングをすることができます。
インターネットから申し込んで自分の口座に振り込んでもらえる「振込キャッシング」や、コンビニATMなら24時間カードでお金を借りることが可能。
スマホからでも振込予約ができるので、自分の口座からお金を引き出してるのと同じように、キャッシングができるので非常に便利です。
銀行もそうですが、消費者金融は特にキャッシングの方法が色々あるので、店舗ATMよりも振込キャッシングをメインで利用したい人は消費者金融のキャッシングがオススメです。

 

少しでも利子を安くお金を借りることのメリット

即日融資で借りるお金はそんなに大きなお金ではないと思います。
しかし、即日融資のキャッシングのポイントには、返済したらその分また借りることができるという特徴があります。
全て完済しても、カードは手元に残りますので困った時はいつでもまた借りることができます。
そうすると、おのずと長期間借りることになりますよね。

 

長期間借りる予定ではなかったとしても、もしかしたら長期間借りることがあるかもしれない

 

そう考えると、やはり少しでも利子が安いところで借りた方がいいんです。

安い利子でお金を借りるメリット
  • 長期間借りた時の利息の差
  • 総返済額が安く済む
  • 無利息キャンペーンを利用すれば借入れと返済額が同じに
  • 利息だけ支払うことも可能になる

利子が安いと、最終的に返済する総額が安く済みます。
そうするとおのずと返済期間も短くなります。
少しでも利子の安い消費者金融で即日融資をすることで、無利息期間が終わった後でも安心して利用し続けることができますので、利子はできるけ低いところを選んで借りるようにしましょう!

 

※無利息キャンペーンは、「はじめての方」のみ対象です。
※無利息期間は「最大30日間」となります。

 

利子が安いかどうかは上限金利で見極めろ!

消費者金融も銀行も、利子の表示は○○%〜○○%のような記載がされていると思います。
これは、キャッシングの限度額によって利子が変動するという意味です。
融資限度額が300万円のキャッシングで、金利が8%〜17%という記載の場合、一番低い金利8%は、融資限度額いっぱいの300万円借りた場合に適用されるということになります。
つまり、このキャッシングで10万円借りた場合は利子は17%画適用され、300万円借りた場合は8%が適用されるということです。

 

通常、初めてキャッシングを契約した時は、初回は低い限度額が設定されることがほとんどです。
特に即日融資の場合は審査スピードを上げるために、最初から300万円の限度額でお金を貸してくれることはありません。
20万円の審査と300万円の審査では内容や審査基準が異なるからです。

 

となると、即日融資で初めてキャッシングを契約するときは、ほとんどが一番高い利子で設定されるということになります。
なので、利子が安いキャッシングを選ぶ時に金利を比較する場合は、一番高い金利「上限金利」を見比べて比較するのが利子を安く借りるコツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消費者ローンですごくの金利で借金をしているときには過払い金の請求と言う物をすれば過払いした利息が戻る事を知っていらっしゃいますでしょうか?総量規制といわれる法が出来たことによる影響で、過払いしてしまったお金を請求してお金を取り戻す人が増える傾向にあります。お金を借り入れる際には書類や口座など各種のものが必要と思われていますが、一般に言われているほど多くはありません。個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、顔写真つきの免許証、パスポートなどがあればOKです。顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、あくまでも本人の気持ちによるでしょう。収入と支出について一番よく理解しているのは自分自身です。「これなら大丈夫」と思うような範囲内に借入も返済も抑えることが大切かもしれません。借り入れのやり過ぎは危険です。いわゆる陥りやすくなり、返済に苦し向ことになります。消費者金融にしろ、銀行系のカードローンしろ、一社で借り入れできるお金にはここまでという金額が設定されているものです。それゆえ、返済日になれば、返済のお金を他に調達できるあてを捜さないといけないのです。。利子安い 簡単に借りられるは正社員でなければできないように思われがちですが、アルバイトやパートの方でも収入があればお金を借りられます。雇用形態を問わず、毎月一定の収入があると認められさえすれば、返済能力があると判断されるので、無事審査に通り、融資をうけることができるのです。審査に通ったとしても、身の丈にあった範囲で利子安い 簡単に借りられるするように気をつけないと、返済のときに返すことができなくなってしまいます。すぐに手に入っても借金は借金なので、お金を返せずにいると大変なことになります。今、債務整理で姉が、自ら作ってしまった多額の借金の見直しをしています。私も話を聞いて驚いたのですが、甘い言葉のメールに、つい返信してしまったことがきっかけで、作ってしまったのは、信販会社へのとんでもない額の負債でした。実は、精神疾患を患っている姉は、何の問題もないかと思えば、急に症状が出ることがあったりします。その時は自分のしていることによほど確信があったのか、怪しまれることなく普通に借りられたようです。今や詐欺の手口も巧妙を極めており、数え切れないほどの被害を生んでいるようです。即日での利子安い 簡単に借りられるキャッシングサービスを利用したいなら、最初に対応している会社を抽出することから初めて頂戴。有名な利子安い 簡単に借りられるカードローン会社なら確実に利用できるのです。そして遅くならない内に申し込みのための手つづきを完了し、滞ることなく審査をうけることができれば即日キャッシングできるはずです。ネットが一般化してからはPCやスマホ等からも借りられるようになりましたから、簡単・便利になりました。それに、利子安い 簡単に借りられるカードローンができるのは18歳、もしくは、20歳以上の定職があり安定したサラリーがある人です。金融会社によってキャッシングの金利は違いがあります。できる限り利子が少ない利子安い 簡単に借りられるキャッシング会社を探すことが大切です。利子安い 簡単に借りられるとひとまとまりに言っても借りにくさのある利子安い 簡単に借りられると気軽に借りられる利子安い 簡単に借りられる利子安い 簡単に借りられるカードローンが存在するんです。どちらにしても借りるとするなら借りやすい方を選ぼうと思いますよね。どういった会社の利子安い 簡単に借りられる利子安い 簡単に借りられるカードローンだと手軽に借りられるかといわれるとひとまとめにしては言えません。最近は規模の大きな会社の銀行のカードローンでも手軽に借りられるようになっているのです。何か買えば手基に品物が残りますが、お金という形で残るのがキャッシングです。使ってしまえば残りませんが、その性質から、生活費、慶弔費、転居費用、入院費などに充てる人が多いでしょう。一括返済するならメリットは大きいですが、分割で返済するときはその期間分の利息をつけて何ヶ月にもわたり、返済していかなければいけません。自分の財布・ATMなみに気軽に現金を手にできる利子安い 簡単に借りられる即日融資。使うときは、自分の収入に見合った額かは持ちろん、月々の支出に加えても大丈夫な額か検討し、必要な額だけを借りるよう、キャッシングで手にした現金は借金なのだとしっかり認識しておくことが大切です。主婦が借入を使用しようと思った時に、夫に秘密にしたい人が多く、ついついバレてしまうことがイヤで実行できずにいる人が多いでしょう。実は少なくない数の金融会社ではパートなど定職に就いている主婦は夫やそれ以外の身内など誰にもバレることなく利子安い 簡単に借りられるカードローンする事が可能なのです。